スマホサイトを表示
2016年11月26日(土)新宿ピカデリー他、全国ロードショー!

INTRODUCTION

全米の人々の心を動かした
感動の実話の映画化!

2008年、ローレル・へスターとステイシー・アンドレという実在する二人の女性の、愛と自由をかけた闘いを記録したドキュメンタリー映画『フリーヘルド』(映画祭上映題)がアカデミー賞を受賞した。全米を感動で包んだその実話を『フィラデルフィア』で数々の映画賞にノミネートされたロン・ナイスワーナーが脚本化。ピーター・ソレット(『キミに逢えたら!』)が監督し、本作が完成した。
2015年6月、米国最高裁が下した“同性婚を含むすべてのアメリカ人の婚姻を保証する”という画期的な判決に影響を与えた勇気ある人々の、真実の物語である。

アメリカ映画界 最高の演技陣の
魂をゆさぶるアンサンブル

ローレルには『アリスのままで』でアカデミー賞主演女優賞を受賞したジュリアン・ムーア。共演陣も、アカデミー賞ノミネート経験を持つ演技派ばかり。ステイシー役は、本作のプロデューサーにも名を連ねるエレン・ペイジ(『JUNO/ジュノ』)、ローレルを支える同僚刑事デーン役にマイケル・シャノン(『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』)、活動家スティーブン役にはスティーヴ・カレル(『フォックスキャッチャー』)。主題歌は圧倒的人気を誇る女性シンガー、マイリー・サイラスの「ハンズ・オブ・ラヴ」。
手のひらに少しの愛があれば人は強くなれる、と歌い上げる。

STORY

人を愛する自由。幸せになる勇気。
あなたが教えてくれたこと。

ニュージャージー州オーシャン郡。20年以上、警察官という仕事に打ち込んできた
正義感の強い女性・ローレルは、ある日ステイシーという若い女性と出会い、恋に落ちる。
年齢も取り巻く環境も異なる二人は、手探りで関係を築き、
郊外に一軒家を買い、一緒に暮らし始める。
家を修繕し、犬を飼い、穏やかで幸せな日々が続くはずだった…。

しかしローレルは病に冒されてしまう。
自分がいなくなった後もステイシーが家を売らずに暮らしていけるよう、
遺族年金を遺そうとするローレル。
しかし法的に同性同士に、それは認められていなかった。
残された時間の中で、愛する人を守るために闘う決心をした彼女の勇気が、
同僚やコミュニティ、やがて全米をも動かしていくことになる…。